入歯や義歯から良否を考える

入歯には、失った歯の代用という役目と同時に、残った歯の保護という重要な役割も実は担っています。種類もいくつかあり、いずれも歯の型を採り、患者さん1人ひとりにあった義歯を装着します。さて、入歯や義歯をつくってもらう際にどのようなポイントで良し悪しを見極めればよいか、考えてみましょう。

まず「話し合いと指導が十分である」という点でしょう。例えば、取り外し式なら安く抑えられるが、その分こまめに外して歯磨きをしないと虫歯をつくりやすいというデメリットもあります。ブリッジなら歯を2本以上大きく削ってしまいます。このように両者にはそれぞれ特色があります。当然の事ながら患者さんの状態によって、最適な形も異なってきます。

また、上手く使いこなすコツもあります。そんな前準備を十分にして、ゆっくりつくってくれる歯科医の方が手早くに仕事へかかるより、結果として良かったりします。また、「歯磨きのくせがしっかりついてから冠や義歯の型どりをしていくれる」というのも良いポイントだと思います。ブリッジを入れる場合も然り。歯磨きによって、特に最初の数か月は歯茎が引き締まり、歯が長くなります。

これを待ってから冠をつくれば、明瞭な型をとりやすくなります。このあと歯茎が後退して、冠が格好悪く見えるようになるのを妨ぐ事が可能になります。こういった事まで考慮して治療にあたってくれる歯科医というのは良い医師だと思います。

他にも、「こまめに調整してくれる」というのも実は重要です。全体のかみ合わせが狂うと、顎関節症になってしまいます。顎関節症というのは、あごだけでなく肩や腰・頭まで痛みを感じる事も有ります。このような点からも、歯の状態が身体全身の健康状態と密接に関係している事がわかりますね。

→→歯と奏でるHarmonyのトップページへ