「更年期」と聞くと、女性特有の症状であるように思われますが、比較的女性にでやすい症状であって、男性にまったく現れない症状ではありません。女性は年齢とともに変化する女性ホルモンバランスに合わせて、若い頃にはみられなかったような体調の変化を感じる方がいらっしゃいます。更年期障害の特長的な症状としては、冷や汗、冷え、のぼせなど、個々人によってその症状のあらわれ方に違いはあるようですが、心理的にも、身体的にも大きなストレスを感じる方が多いようです。「更年期障害」がはじまる年齢もそれぞれですが、まったくそのような症状がでない人もいるようですので、いまだに解明できていない事柄が多いようです。更年期に差し掛かると、気を付けていただきたいお口のケアとしては、歯周病ケアがあげられます。この時期に女性ホルモンの分泌が減少することで、骨のカルシウムの密度なども低下し骨が弱くなることか分かっているようなのですが、骨の衰えとともに歯周病に関するお口のトラブルが増加する傾向であることが分かっているようです。いくつになっても大切な皆さんの健康的な歯を維持することは、更年期に不足しがちなカルシウムなどの栄養をたっぷり補給することにもつながります。更年期や骨粗鬆症は、どちらかというと女性特有のものであると認識しがちではありますが、男性にも起こり得ることですから、原因不明の体調不良を感じる前に身体のメンテナンスを顧みておきたいですね。