古来から女性は出産を経験すると「歯」を失うなどとも言われてきたようです。妊娠、出産をすることで、女性の身体の変化は大きく変化します。出産の経験とともに「歯」を失うということは、妊娠期から出産期に向けて女性の身体に何かが生じることを表しているはずです。

それらの変化が結果的に「歯」を失うことにつながっているのだとすると、女性たちはどのように自分の身を守りながら出産を迎えれば良いのでしょうか。妊娠中の女性はホルモンバランスの変化などから食べ物への嗜好の変化などが顕著になると言われています。

また、つわりによって口腔ケアを疎かにしがちになることも仕方のないことです。近年、研究者たちによって、妊娠中の女性の口内は、このようないくつもの要因が重なり合うことで、酸性に傾きがちになるといったようなデータもあるようです。妊娠中の女性の口内が酸性に傾くことは、虫歯になりやすく歯を失いやすくなることを示しています。

実際にこのような言い伝えが残されているは、現代の女性たちにも警笛をならしているのかもしれません。