今回はより具体的に、どのようなポイントをクリアしていれば良い歯科医院だと言えるのかを探っていきたいと思います。どんな点に目を向けて歯科医を選んだら良いのかをみていきましょう。

まず「看板が小さい」というのは1つポイントかもしれませんよ。というのも、名医ほど他院から紹介を受けた患者さんでいっぱいになるのです。「あそこの先生は本当に腕のいい先生だから」と同業者に言われるほどの腕前という事になりますから。だからこそ、患者さん1人ひとりに時間をしっかり割くべく看板は小さくして患者さんを集めすぎないようにするのです。

要は、安易に看板に釣られない事という意味です。また「職員がい生き生きと患者さんの世話をしている」というのもポイントでしょう。チームワークがとれており、患者さんへの奉仕に一生懸命な姿が見えるのは良いと思います。この院内の雰囲気は一朝一夕でスッと変えられる物ではありませんよね。

日頃からたゆまぬ努力があって、患者さんに寄り添おうとする意識が常にあるからこそ作り上げられてゆくものだと思います。職員全員で演技しているというのも難しいでしょう。

注目したい点

特に、歯科医に対して奉仕している印象ではなくて「その患者さんにとっての最善」を配慮している姿が見えるか否かが大切だと思います。

歯科医が患者さんの治療に熱心であり、医療スタッフが「患者さんの為なら、歯科医と議論する事も辞さない」、言い合える雰囲気のある歯科医院なら間違いないのではないかと思います。逆に、職員が先生の顔色を窺ってばかりというのは如何なものかと思います。

他にも、「機械は最新でなくとも、手入れがしっかりしている」というのも大切なポイントだと思います。今日の歯科医療において、機械性能差で治療に決定的な差が生じるという事はまずないと思います。ぴかぴかの高い最新機器ばかり揃えて経営を圧迫してしまうより、多少古くともしっかりと手入れされている歯科医がいいでしょう。

最新機器か否かというのは素人目に見たら難しいかもしれませんが、少なくとも器機にホコリが溜まっているようなら大減点だと言えるでしょう。最近では診療情報を掲載した電子カルテと歯科用レセコンを連携させて診療情報明細を作成するところも多いですし、機材をしっかり管理できていないところだと、個人情報の管理も心配ですね。

説明はしてもらえる?

良い歯科医かどうかを見分けるのはなかなか難しいかもしれません。しかし、よく見ればヒントが転がっています。今回は、治療の際のポイントに絞ってみていきましょう。

まずもって、例えば「説明せずに歯を抜こうとする」ならばNG。もっとも最近、そんな歯科医はほとんどいないとは思いますが。初診の段階で「抜きましょう」やそれに近しい事を言われるようなら「考えたい」と伝えてひとまず帰った方が良いかもしれません。

ちゃんとした歯科医ならば、まずはX線写真等を用いて患者さんの歯がどういう状況なのかを説明してくれるはずです。そしてその上で「よく考えてください」と言われて帰るはずです。初診というのは正常な判断力に掛けるもの。そのまま安易に抜いてしまうと、かえってお金がかかる事になってしまうかもしれません。

逆に、「『抜いてくれ』に簡単には応じない」方が良いと思います。急場の患者さんの「痛くて辛いからもう抜いてほしい」という言うなれば目先の気持ちに沿ってしまうのは、医師として無責任だと言っても過言ではないと思います。「どうしてもと言うなら、この次にしましょう。」として、痛みや腫れをなくすための治療を患者さんと一丸となって根気強く行ってくれるというのが良い歯科医だと思います。これで痛みや腫れが無事おさまれば、歯を抜くことなく自分の歯で食べる愉しみをもう一度味わえますから。

合わないかも?と思った時の対処法

他に、「何でもかんでも痛みを放置した事に対してお説教したがる」のはどうでしょう。痛い・腫れて疼く患者さんに対して治療そっちのけで「こんなになるまでなんで放っておいたんだ」とお説教をするのです。百歩譲って、熱心さの空回りといったところでしょうか。悪ければ脅されて、痛くて辛い時の心理をテコに高価な治療に誘導されるようならまずいです。

良い歯科医はまずもって「苦痛除去」に取り掛かるでしょう。そして治療・ブラッシング指導の中で指摘してくれるはずです。また、「治療計画をきちんと説明してくれる」のも重要です。イラストや写真・図など視覚的情報も上手く交えながら、どのように治していくのか・どんな方法や種類があるのか・費用やそれぞれの長所と短所などを説明してくれます。そして一連の説明書を渡して、「次の診察までに考えてきてくださいね」と説明を聞いた上で患者さんやご家族が考える猶予を設けてくれるはずなのです。

至極当然の事かもしれません。しかし、ここを怠り即決を促すような歯科医は少なからずいることでしょう。いかがでしたでしょうか。歯科医院の扉を開ける前・待合室の雰囲気・治療の際の対応など、良い歯科医院か否かを見分けるヒントは意外と転がっています。すぐに治療へ移ろうとせず、少し立ち止まって考える事が大切です。